グレインフリーのポイントを確認


飼主さんの中にはグレインフリーにはたくさんの特徴があり、そしてその特徴からメリットを得られるため、キャットフードを選ぶ時はグレインフリーと明記されたものであればどのようなキャットフードでも問題ないと思う人も少なくないかもしれません。しかし、グレインフリーのキャットフードは日本では数多く販売されており、猫の健康を更に考慮するためにはさらにいくつかのポイントを確認しなければならないでしょう。

基本的にアレルギー対策や猫の健康を考えている方の多くはグレインフリーのキャットフードを選択することになりますが、その際には人工的な添加物が入っていないかを事前に確認しましょう。人工添加物とは主に保存料や調味料、着色料などの成分です。この成分が入っているキャットフードはグレインフリーであっても猫の健康に悪影響を与える可能性が高くなります。人工添加物が入っているかどうか確認するために、まず原材料を確認しましょう。基本的に添加物と記載されることは少ないです。着色料、保存料などと明記されており、使用材料を詳しく明記していないキャットフードには人工添加物が入っている商品と考えてまず間違いありません。

ちなみに、グレインフリーキャットフード『CANAGAN』のホームページには自然のもので代用できる限り、人工添加物は不要であると記載されています。保存料はミックストコフェロール(ビタミンE)が使用されていますし、調味料も着色料も入っていません。厳選された健康的な原材料で作られていますので、人間が食べても大丈夫とのことでした。こうしたグレインフリーの特徴とメリットを吸収して、大事な愛猫のためにも、より原材料にこだわったプレミアムキャットフードを与えてあげるようにしましょう。

 


グレインフリーと便秘や肥満の関係


先述した内容から、グレインフリーのキャットフードではアレルギー対策ができることが魅力的です。しかしながら、その他にもたくさんの特徴があるので、ここでさらに紹介します。

特徴として挙げられるのが、消化不良を助けることができる点です。先程も少し触れましたが、穀物の食べ過ぎは消化不良を引き起こします。消化不良になると猫も人間と同様に下痢や便秘などを引き起こす可能性が高く、人間においてはお酒の飲み過ぎなどで下痢になることもありますが、猫は基本的にキャットフードしか食べておらず、また分量に関してもしっかりと計って与えている飼い主が多いので下痢の症状が見られると風邪なのかなと不安を感じる人は多いです。グレインフリーのキャットフードを与えることで消化不良を助けるので穀物が原因で消化不良を起こしている猫は改善が見られることがあります。

その他にも肥満予防に効果があるとされています。人間も同様に肥満になると身体のあらゆるところに負担がかかり肥満が原因で病気になることは珍しいことではありません。肥満の原因は運動不足なども挙げることができますが、余分な栄養分の摂り過ぎによって肥満になることもあります。もしグレインフリーのキャットフードを与えればこれらの予防ができるので、グレインフリーは様々な特徴があり、与えることで猫の健康を考えることができます。


グレインフリーは穀物不使用!


グレインフリーの最大の特徴は穀物が使用されていない点が挙げられます。穀物とは主に小麦などで、人間でも穀物アレルギーの人はいるのでイメージしやすいかもしれません。この穀物を摂取することで猫の中にはアレルギー症状を発症する子も珍しくありません。

また、穀物は猫にとって重要な栄養素ではなく、摂取しなくても身体に大きな負担はないとされています。そのため、あまりにも多くの穀物を摂取すると消化器官に悪影響を及ぼす可能性があります。消化器官に悪影響が及び続ければ重大な病に発展するケースもあるので、飼主さんの多くは猫の健康的な生活を考えてグレインフリーのキャットフードを選択する人が多いです。

では何故キャットフードにあえて穀物を配合する必要があるのでしょうか。その理由はメーカーのコストカットにあります。日本ではペットフード安全法で穀物を使用してはいけないという明記があります。そのため、穀物を使用したとしても法律違反ではありません。また、肉を配合することと比較し、穀物は費用を安く抑えられるので、キャットフードの中に穀物を混ぜる業者があります。

もしアレルギー対策を検討している方はグレインフリーにはこのような特徴があるので、選択してアレルギー対策をしましょう。


猫のアレルギーにグレインフリー


猫のアレルギーに悩む飼主さんは少なくありません。人間はアレルギーになるとくしゃみや湿疹などの症状が現れます。一方で猫も痒みなどを感じ、身体を引っ掻いたり舐めたりする症状が現れます。引っ掻くことで身体に傷ができ、そこから化膿することもありますから、飼主さんの中の多くは不安になることもあります。また、猫の口の中には菌がたくさんありますから、舐めるなどの行動によって肌が赤くなってしまう可能性もあります。

症状が酷くなると外耳炎や脱毛の症状が見られます。外耳炎や脱毛の症状が現れると飼主さん1人の力でアレルギー症状を対処することが難しく、一般的には動物病院に足を運び獣医師の診断を受けることになります。ではアレルギーになる原因にはどのような点が挙げられるのでしょうか。

アレルギーの原因は複数ありますが、基本的にはまず食事を見直す飼主さんが多いです。食事は人間だけでなく猫にとっても生きるために重要な要素の一つです。キャットフードは現在、様々な場所で販売されています。例えば街中にホームセンター、ペット専門ショップ、動物病院や通販でも販売され、飼主さんの中には種類が豊富で迷ってしまう人は少なくありません。飼主さんの中には原料などをしっかりと把握してキャットフードを選ぶ人もいますが、どのような原料が使われているか把握しないで購入する人もいます。

現在ではアレルギー対策としてグレインフリーのキャットフードを選ぶ飼主さんが多いです。ではグレインフリーにはどのような特徴があるのでしょうか。