グレインフリーのポイントを確認


飼主さんの中にはグレインフリーにはたくさんの特徴があり、そしてその特徴からメリットを得られるため、キャットフードを選ぶ時はグレインフリーと明記されたものであればどのようなキャットフードでも問題ないと思う人も少なくないかもしれません。しかし、グレインフリーのキャットフードは日本では数多く販売されており、猫の健康を更に考慮するためにはさらにいくつかのポイントを確認しなければならないでしょう。

基本的にアレルギー対策や猫の健康を考えている方の多くはグレインフリーのキャットフードを選択することになりますが、その際には人工的な添加物が入っていないかを事前に確認しましょう。人工添加物とは主に保存料や調味料、着色料などの成分です。この成分が入っているキャットフードはグレインフリーであっても猫の健康に悪影響を与える可能性が高くなります。人工添加物が入っているかどうか確認するために、まず原材料を確認しましょう。基本的に添加物と記載されることは少ないです。着色料、保存料などと明記されており、使用材料を詳しく明記していないキャットフードには人工添加物が入っている商品と考えてまず間違いありません。

ちなみに、グレインフリーキャットフード『CANAGAN』のホームページには自然のもので代用できる限り、人工添加物は不要であると記載されています。保存料はミックストコフェロール(ビタミンE)が使用されていますし、調味料も着色料も入っていません。厳選された健康的な原材料で作られていますので、人間が食べても大丈夫とのことでした。こうしたグレインフリーの特徴とメリットを吸収して、大事な愛猫のためにも、より原材料にこだわったプレミアムキャットフードを与えてあげるようにしましょう。